恋活バーって?料金や利用方法は?年齢制限あり身分証明書が必要!

恋活バーってどんなシステムなの?

恋活バーは、「恋活居酒屋」「恋活カフェ」とも言われることがあるものです。

 

 

お店でお酒を飲みながら、
恋愛相手を探している男女が知り合って
楽しく話ができるバーのことです。

 

 

予約制になっているところや
直接足を運び、来店し相手が来るまで待つという
スタイルをとっているところが多いようです。

 

 

恋活バーは、年齢確認が必要!

 

見知らぬ異性と出会う場所ですので、
クラブや婚活パーティの様に身分証明が必要です。

 

 

 

逆に、身分証明書の確認をしていない
店舗は法律的に際どいので注意が必要です。

 

 

もちろん、未成年は利用することができませんし、
逆に、50代以上の方も断る店舗もあります。

 

 

恋活をしている多くの年齢である
20代30代が多く利用しています。

 

 

恋活バーの利用方法は?

 

恋活バーは、先ほども少しふれましたが、
予約制の店舗は予約し、特に予約のない店は
そのまま、店舗に行き席に着きます。

 

 

 

どんな相手が来るかは、運次第です。

 

もちろん予約しても、
運が悪ければ相手が来ないなんてこともあります。

 

 

特に男性の場合、比率的には
どうしても女性が少なくなるので、

 

男性客が多かったり、女性が極端に少ないと
誰とも相席せずに、終了・・・
なんてこともあり得ます。

 

 

相手が選べない・・・。

 

相手が来ないこともですが、
相手を選ぶこともできません。

 

 

なので、求めている年齢層ではない場合もあります。

 

 

私は、20代後半なので30歳以下くらいの
方を求めて来店しましたが、

 

30代後半の方が来て
相手も恐らく、同年代の方を求めていた、ということもありました。

 

 

自分の理想の方と出会いたい場合は、
何度か足を運ぶ必要があります。

 

 

料金は?どんな場所にあるの?

 

 

恋活バーの料金は、
男性は、20分3000円〜5000円くらいの席料で
ドリンクを追加で頼む場合はドリンク代が必要です。

 

ドリンク代は普通のバーと同じくらいです。

 

 

女性は、無料だったり500円程度の所が多く、
男性が女性の分のドリンク代を払うというスタイルです。

 

 

20分ほど話をして、仲良くなったら
いざ方に行ってゆっくり話をしたりカラオケに行く
という流れが多いようです。

 

 

 

場所ですが、多くは東京・名古屋・大阪など、
人が多く集まるところにあります。

 

人が集まらないとマッチングもしにくいので
出来るだけ人が多く来るようなところに行くようにしましょう。

 

 

5人に1人はネット上から出会い

今ではカップルの5人に1人はネット上から出会っています。

 

少し前までは、恋活と言ったらイベントや街コンが主流でした。

 

しかし、恋活イベントは人が多すぎて理想の人が見つかりにくいことや

 

何回も行っていたらお金がかかることから恋活アプリが人気になっています。

 

恋活アプリは「出会い系」とは違い、純粋な「恋活」が出来るので女性にも人気があります。

 

しかし、中には悪質なサイトもあるので、安全なアプリをランキングしました。

 

>>無料で使える!安全な恋活アプリランキングはこちら

恋活バーって?料金や利用方法は?年齢制限あり身分証明書が必要!記事一覧

大阪の恋活バーはどこにある?梅田、北新地、なんば、心斎橋

シングルスバー「プレイス」 梅田北新地 ※閉店しました大阪市北区堂島浜1-3-16 ナカニシ堂島ビル5F料金男性4500円(金土6980円)女性500円ご縁屋 大阪・北新地大阪市北区曽根崎新地1-5-20大川ビルB1-B料金男性チャージ 500円飲み放題 200円/10分相席時(平日) 500円相席...

≫続きを読む