恋活がうまくいかない理由とは?自己分析ができていないと失敗する

恋活がうまくいかない理由|自己分析ができていない

恋活において自己分析は必須条件です。恋活では、プロフィールや自己紹介を作ることが必要となりますので自分を知っていないと上手く書けません。

 

 

自分自身をしっかりと知って相手にうまく伝えるようにしましょう。

 

恋活に必要な自己分析とは?

 

就活の様に、相手に自分を知ってもらう為にアピールポイントをまとめておく必要があります。

 

今までのあなたの経歴はもちろん、趣味や特技などを改めて整理しておくことで相手に聞かれた時にスムーズに伝えることが出来ます。

 

ただ説明するだけではなく、話が広がる様に話す内容も用意しておくことで緊張しても話す内容がなくなるということになりません。

 

例としては、スポーツ関係・旅行先・学校・今までの職歴・休みの日にしていること・これからしたいことなどがあります。

 

他の人との差別化をする

 

恋活では、相手もあなただけではなく他の人と比べていることがほとんどです。

 

そのため、「あなたにしかない」「あなただから出来る」そんなことがあればベストです。

 

就活でも、あなたに注目してもらえる様な特技や特徴をアピールするとあなたに興味を持ってもらえるのと同じで「他の人とは違う」と思ってもらえるような内容を用意しておきましょう。

 

よくある、「映画鑑賞が趣味」や「休みの日は買い物」などだけではあなたに特別感は生まれません。

 

特別に思うことで相手は好意を抱くことになるので意外と恋活を成功させるうえで重要なのです。

 

特別なことがない時は?

 

そう簡単に他の人よりとびぬけている特徴が思い浮かばない人も多いと思います。

 

そんな時は、より具体的に話せるように、深く説明できるようにしておくことが大事です。

 

映画鑑賞ならどんな映画が好きでなぜその映画が好きなのか!具体的に言えるようにしておくことです。

 

自分を持っている人には好印象を持つ人が多いので自分の意見や主張をできるようにしておくことも大事です。

 

映画なら何でもいいと言う人より、○○で○○な映画が好きなんだ!と言っている人の方が印象がいいですよね。

 

自己分析をしっかりとして、恋活に失敗しないように用意をしておきましょう!

 

5人に1人はネット上から出会い

今ではカップルの5人に1人はネット上から出会っています。

 

少し前までは、恋活と言ったらイベントや街コンが主流でした。

 

しかし、恋活イベントは人が多すぎて理想の人が見つかりにくいことや

 

何回も行っていたらお金がかかることから恋活アプリが人気になっています。

 

恋活アプリは「出会い系」とは違い、純粋な「恋活」が出来るので女性にも人気があります。

 

しかし、中には悪質なサイトもあるので、安全なアプリをランキングしました。

 

>>無料で使える!安全な恋活アプリランキングはこちら