恋活アプリでの出会いで、実際に会う時は「誘い方」がポイント!

恋活アプリでメッセージやLINEをしていて仲良くなっても
実際に会あわないと意味がありません。

「会えない」「うまくいかない」と言っている人は
誘い方に問題があるのかもしれません。

すぐに会おうと言ってはいけない

失敗する男性に多いパターンが、すぐに会おうとする人です。

「今週会おう」「明日あいてる?」など近いうちに
予定を入れようとする人が多いですが、
女性は予定が詰まっている人が多く断られることが多くなります。

また、中には「今から会おう!」なんて言う人がいますが、完璧NGです。

誘う時は、「いつ予定あいてる?」「今度、ご飯でも行こう」など
相手に対する要求を少なくしないと、信用させません。

出会い系ではないので1歩ずつ前に進みましょう。

まずは、会うことにOKをもらう!

いきなり「○○日会おう」と言うよりは、
まずは合うことに了解を取るようにしましょう。

会うことに対する戸惑いもあるにもかかわらず、
日にちまで指定してしまうとさらに答えにくくなります。
相手が答えやすい内容にしておくことがポイントです。

会うことに了解してもらえれば、
その後で「いつあいてる?」「土日はどう?」など
具体的なことを聞きやすくなりますし、相手も答えやすくなります。

会うタイミングは「早め」「短め」

「今日会おう」はNGですが、
逆に遅すぎるとメッセージでやり取りする内容が
なくなってしまったり、お互いに飽きてしまったりします。

また、2人の仕事や学校、プライベートの予定もありますので、
タイミングが合えばすぐに会えることもありますが、
同じような生活スタイルでない場合は、すぐに会えないことも多いです。

初めは短時間でもいいので、
話の内容がなくなってお互いが飽きてしまわないように
早い段階で会うようにすることがベストです。

5人に1人はネット上から出会い

今ではカップルの5人に1人はネット上から出会っています。

少し前までは、恋活と言ったらイベントや街コンが主流でした。

しかし、恋活イベントは人が多すぎて理想の人が見つかりにくいことや

何回も行っていたらお金がかかることから恋活アプリが人気になっています。

恋活アプリは「出会い系」とは違い、純粋な「恋活」が出来るので女性にも人気があります。

しかし、中には悪質なサイトもあるので、安全なアプリをランキングしました。

>>無料で使える!安全な恋活アプリランキングはこちら