婚活・恋活アプリでLINE交換するまでの流れ実体験レビュー

日本に存在するほぼすべての恋活アプリを使ったことがありますが、
重要なのはアプリ内で出会ってから実際に会うことが出来るかです。

手が早い男性が見れば、出会い系の様な意味でとらえられるかもしれませんが、
そういう意味ではなく「恋愛を進める」という意味です。

もちろんアプリ内で仲良くなっただけでは、
デートをしたり付き合ったりすることは不可能なのです。

LINEなどの連絡先交換でうまくいかない人が多い

自分のタイプの異性を見つけたり思い描いていた人と出会っても
連絡先を聞こうとして断られるなんてことが多いようです。

ほとんどの場合は男性からのアプローチになっていると思います。

女性は「出会う」ことよりも「危険性」を考える人が多く、
軽弾みに連絡先を聞いてしまうと拒否する人が多いのです。

これは慣れるしかありませんが、少しコツを紹介したいと思います。

すんなり連絡先交換をするには?

まず、相手が「会いたい」「もっと知りたい」
思うような状況にならないと相手の警戒心もなくなりません。
趣味があっていたり、逆に相手の知らないことを
持っていたりする必要があります。

アプリ内のメッセージで、
相手にそう思われるような状況になる必要があるのです。

色々な話を薄っぺらくするのではなく、
相手と盛り上がりそうな内容に特化して話すようにしましょう。

そうなってくると話の流れで、「LINEでやらない?」と観点に聞けるようになります。
むしろ、話が盛り上がらないのであれば
会ってからもうまくいかないと思って割り切った方がいいでしょう!

5人に1人はネット上から出会い

今ではカップルの5人に1人はネット上から出会っています。

少し前までは、恋活と言ったらイベントや街コンが主流でした。

しかし、恋活イベントは人が多すぎて理想の人が見つかりにくいことや

何回も行っていたらお金がかかることから恋活アプリが人気になっています。

恋活アプリは「出会い系」とは違い、純粋な「恋活」が出来るので女性にも人気があります。

しかし、中には悪質なサイトもあるので、安全なアプリをランキングしました。

>>無料で使える!安全な恋活アプリランキングはこちら