ティンダー

ティンダー(Tinder)の名前変更のやり方を紹介!電話番号登録でも大丈夫?

ティンダーの名前変更

ティンダー(Tinder)に登録したけど、名前が変更できないと悩んでいませんか?

実は、他のマッチングアプリと比べても、名前変更がしずらい使用になっています。

 

そこで、この記事ではそんなティンダーの名前変更のやり方や反映されない時の対処法について詳しく解説していきます。

今の登録している名前を変更したい」と思っている方は参考にしてください。

 

ティンダー(Tinder)の名前変更は原則禁止

残念ながら、ティンダーでの名前変更は原則禁止になります。

実際にこのサイトにたどり着いたということは「変更する設定画面が無くてどうしよう」と悩んでいるはずです。

ちなみに、年齢の変更も原則できません。

 

この名前と年齢が変更できないのは、ティンダー利用者がトラブルに巻き込まれないた目の工夫になります。

実際、質の悪いマッチングアプリでは「出会えたと思ったら未成年だった」「業者だった」なんてことが多発。

 

特にティンダーは利用料金が基本無料なので、サクラや業者がとにかく潜んでいました。

実際、地域によっては「ティンダーは業者か同性愛者しかいない」ともいわれてるくらい悲惨な状況でした。

こういったところを考量して名前変更をNGとしているのでしょう。

 

例外でFacebookだけあり

例外として、Facebook登録でティンダーを利用している方のみweb上で変更することが可能です。

これは、Facebook自体が本名の登録制なので、もしトラブルが起きても調べやすいというのが理由でしょう。

また、Facebookの初期設定状態ですとティンダーも本名登録になります。

 

なので、本名を利用したくない方に向けての救済処置として変更することができるのでしょう。

記事後半の「ティンダー(Tinder)の名前変更(Facebookログインの方)」でWeb上での変更方法も紹介します。

なので、Facebook登録でTinderを利用している方は参考にしてください。

 

ティンダー(Tinder)の名前の変更方法(Facebookログイン以外の方)

ここではFacebook登録以外での名前の変更方法を紹介します。

ちなみに以下の方法で登録をした方が対象になります。

  • 電話番号
  • Googleアカウント

これらで登録した方は参考にしてください。

 

一度、退会して再登録以外に方法はない

残念ながら、名前の変更は一度退会してから、再登録しか方法はありません。

なので、めんどうですが一度、退会して新しいアカウントを作成しましょう。

利用する際に登録したプロフィール情報や年齢確認など、1から作成しないといけません。

 

ある意味、セキュリティが疎かと言えなくもありません。

ですが、手軽さが売りなティンダーです。

なので、割り切って退会する前に用意したプロフィール情報をスマホのメモ機能で保存し、すぐに再登録できるようにしておくのがおすすめです。

 

ティンダー(Tinder)の名前変更(Facebookログインの方)

ここではFacebook登録でティンダーに登録した方の名前変更の方法を紹介します。

名前を変更する手順は以下にまとめました。

名前変更の流れ

  • chromeまたはsafariでティンダー公式サイトを開く
  • ログインする
  • 右上の3本線をタップ
  • プロフィール編集をタップ
  • 基本データの編集をタップ
  • 『名前を編集するには「設定」へ移動してください』をタップ
  • 変更したい名前に変更する

基本的にはかなり簡単に変更することができます。

紹介した手順に沿って行えば2分くらいもあれば完了するでしょう。

 

名前変更する上での注意点

また、名前を変更する際に注意点があります。

それは、一度変更してしまうと60日間は変えられないということです。

もし、間違って名前を変更してしまうと、60日間は使用できません。

 

とはいうものの、退会して再登録するのも、大きく労力がかかることはないです。

なので、もし間違ったという方は再登録という二度手間になってしまうので注意しましょう。

 

ティンダー(Tinder)で名前変更してから反映されない時がある?

基本的には、インターネットとのラグが問題なので、時間を置いていれば勝手に反映されます。

なので、スタンスとしてはゆっくり待つのが良いでしょう。

しかし、人によっては「すぐに反映してほしい」「待ったけど反映されていない」と悩んでいる方もいるでしょう。

上記に当てはまる際の対処法は以下になります。

反映されない時の対処法

  • 一度、ティンダーをログアウトする
  • ティンダーを退会→再登録する

それぞれ詳しく解説していきます。

 

一度、ティンダーをログアウトする

まずは、ティンダーをログアウトする方法です。

一度、ログアウトしログインし直すと、プロフィールの情報が再度更新されます。

なので、もし反映されない時はこの方法で反映されることがほとんどになるでしょう。

 

ティンダーを退会→再登録する

こちらの方法は最終手段になります。

それは今のアカウントを削除して再登録するという方法です。

これは嫌でも反映されるでしょう。

 

ただし、Facebook登録をしている方などは、プロフィールを再度作成などのめんどうさがあります。

なので、どうしようもない時に試すようにしてください。

 

ティンダー(Tinder)はFacebookで再登録するのがおすすめ

名前変更をする際にFacebook登録以外の方はできるだけ、再登録する際はFacebookがおすすめです。

というのも、再度変更する際に便利だからです。

もちろん、その都度で退会して再登録するのもありでしょう。

 

しかし、現在はティンダーも徐々にセキュリティ面に力を入れており、年齢確認も2時間ほどかかります。

また、過去に年齢審査を通ったからと言って、今回がスムーズに通るという保証はありません。

実際、下記の記事で紹介している通り、年齢確認で苦戦している人は珍しくないです。

>>ティンダーの年齢確認のやり方を解説!できない時の対処法や安全性も!

 

なので、年齢確認をする際はできるだけFacebook登録にチャレンジしてみましょう。

実際、Facebookでは本名が表示されますが、すぐに変更すれば本名が見られることもほとんどありません。

また、ティンダーの出会いで苦戦している人は、もっと自分に合った出会いやすいマッチングアプリの検討もおすすめです。

-ティンダー

© 2021 マッチングアプリのトリセツ